観光バスがゴミ収集車に追突、乗客6人が負傷

19日午前10時30分ごろ、北海道小樽市内の道道で、信号待ちをしていたトラックに対し、後ろから進行してきた大型観光バスが追突する事故が起きた。この事故でバスの乗客6人が軽傷を負っている。

自動車 社会 社会
19日午前10時30分ごろ、北海道小樽市内の道道で、信号待ちをしていたトラックに対し、後ろから進行してきた大型観光バスが追突する事故が起きた。この事故でバスの乗客6人が軽傷を負っている。

北海道警・小樽署によると、現場は小樽市勝納町付近で片側2車線の直線区間。トラック(ゴミ収集車)は信号待ちのために停車していたところ、後ろから進行してきた大型観光バスが追突した。

双方の車両は小破。バスの乗客乗員49人のうち、客6人が打撲などの軽傷を負った。トラックの乗員にケガはなかった。警察はバスの運転者から自動車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)容疑で事情を聞いている。

警察ではバス側の前方不注意が事故につながったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集