【マツダファンミーティング】ロータリーエンジン組み立てに、子どもも大人も夢中

自動車 ビジネス 国内マーケット
キッズエリアの「ロータリー組立コーナー」では、プラスチック製のロータリーエンジン組み立てを楽しんだ
  • キッズエリアの「ロータリー組立コーナー」では、プラスチック製のロータリーエンジン組み立てを楽しんだ
  • キッズエリアの「ロータリー組立コーナー」では、プラスチック製のロータリーエンジン組み立てを楽しんだ
  • キッズエリアの「ロータリー組立コーナー」では、プラスチック製のロータリーエンジン組み立てを楽しんだ
  • 三次試験場50周年マツダファンミーティング
  • 三次試験場50周年マツダファンミーティング
  • 三次試験場50周年マツダファンミーティング
  • 三次試験場50周年マツダファンミーティング
20日、マツダは広島県にある三次自動車試験場で、当試験場50周年を記念するファンミーティングを開催。親子で参加する来場者も多く見られた。

来場者数が2000人近くになった当イベントでは子供向けのエリアも用意され、およそ150人の子ども達もこのファンミーティングを楽しんだ。

ひときわ目を引くのが「ふわふわドーム」。空気で膨らんだ床の上で好きなだけ飛び跳ねられる、多くのレジャー施設で人気の遊び場だ。今回はマツダのイベントということもあり、テーマはクルマ。中にはタイヤやコーンを模した風船があり、子ども達も係の人に見守られながら楽しんでいた。

他にも子ども向けに用意されたのがペーパークラフト。ここでは『ロードスター』や『CX-3』のペーパークラフトを作ることができ、親子で一緒に作っている姿が多く見られた。

そしてキッズエリアの一番端にあるのが「ロータリー組立コーナー」。プラスチック製ではあるものの、マツダが誇るロータリーエンジンが作れるとあって、多くの来場者の目を引いていた。「子ども向けに用意したんですが、来るのは大人の方が多いですね」と担当者。ある意味予想通り、といった様子で苦笑いをしていた。
《関 航介》

編集部おすすめのニュース

  • 【マツダファンミーティング】ロータリーを!毎年やって!1泊2日で! 参加者たちの声と笑顔、いっぱい 画像 【マツダファンミーティング】ロータリーを!毎年やって!1泊2日で! 参加者たちの声と笑顔、いっぱい
  • 【マツダファンミーティング】三次試験場50周年、マツダ車が鍛えられる「おむすびの中身」 画像 【マツダファンミーティング】三次試験場50周年、マツダ車が鍛えられる「おむすびの中身」
  • 【マツダファンミーティング】秋空の下、ファンが持ち寄る歴代マツダ車がずらり…その数77台 画像 【マツダファンミーティング】秋空の下、ファンが持ち寄る歴代マツダ車がずらり…その数77台
  • マツダ、ドイツ自動車デザイン賞の3部門で受賞…あの自転車も 画像 マツダ、ドイツ自動車デザイン賞の3部門で受賞…あの自転車も

特集