高速ランプウェイで、バイクがガードレールに突っ込む

自動車 社会 社会

13日午前8時ごろ、福島県南相馬市内の常磐自動車道下り線のランプウェイを走行中の大型バイクが路外に逸脱。道路右側のガードレールに衝突する事故が起きた。この事故でバイクを運転していた59歳の男性が死亡している。

福島県警・高速隊によると、現場は南相馬市原町区信田沢付近で幅員約5mの緩やかなカーブ。大型バイクは常磐道下り線・南相馬インターチェンジ(IC)の出口に向かうランプウェイを走行していたところ、カーブを曲がりきれずに路外へ逸脱。道路右側のガードレールに衝突した。

衝突の弾みでバイクは転倒。運転していたいわき市内に在住する59歳の男性は路上へ投げ出された際に全身を強打。近くの病院へ収容されたが、まもなく死亡している。

警察では男性がハンドル操作を誤ったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集