カンタス航空、ホバート発着2路線を増便へ…来年3月8日

航空 企業動向
カンタス航空の旅客機(参考画像)
  • カンタス航空の旅客機(参考画像)
オーストラリアのカンタス航空は9月16日、子会社のカンタスリンクが運航するホバート=シドニー線、ホバート=メルボルン線で増便を実施すると発表した。

増便は2016年3月8日から実施する。実施後の運航便数は、ホバート=シドニー線が週13便、ホバート=メルボルン線が週33便、2路線合計で週46便となる(16日現在は週35便)。機材はボーイング717型機。

新しいスケジュールにより、ビジネス客はシドニーに早朝に到着する便を利用できるようになり、タスマニア州(ホバートが州都)で休暇を過ごす外国人旅行客はシドニーやメルボルンでの乗り継ぎ時間短縮が実現する。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

  • カンタス航空、ボーイング 787-9 型機8機を受領へ…17年7月から 画像 カンタス航空、ボーイング 787-9 型機8機を受領へ…17年7月から
  • カンタス航空、ブリスベン発着ニュージーランド2路線の季節運航を実施へ 画像 カンタス航空、ブリスベン発着ニュージーランド2路線の季節運航を実施へ
  • カンタス航空ブリスベン線、8月就航…モートン島やゴールドコーストへの“近道” 画像 カンタス航空ブリスベン線、8月就航…モートン島やゴールドコーストへの“近道”
  • カンタス航空、シドニーとブリスベンの毎日2便態勢に…A330 改良版を順次投入 画像 カンタス航空、シドニーとブリスベンの毎日2便態勢に…A330 改良版を順次投入