三菱重工、下関造船所に航空機工場が完成…ボーイング787向け複合材主翼の補強用部材を増産

航空 企業動向
ボーイング 787(参考画像)
  • ボーイング 787(参考画像)
三菱重工業は、ボーイングの中型ジェット旅客機「787」向け複合材主翼の生産能力を増強するため、下関造船所(山口県下関市)で進めてきた航空機工場建物の拡張工事が完成し、9月16日に竣工式を開催した。

ボーイングが787の生産機数を、現状の月産10機から今後14機に拡大するのに対応するため、航空機工場を新設した。

今回の拡張工事は、2006年から下関造船所の大和町工場内にある航空機工場で稼働している主翼に組み込まれる補強用部材のストリンガー(縦通材)の生産能力を増強するためのもの。複合材を積層した後に高温高圧で焼き固めるオートクレーブ(複合材硬化炉)や部品加工用の切断装置などを順次稼働させていく予定。

航空機工場で生産するストリンガーは、名古屋航空宇宙システム製作所の大江工場(名古屋市港区)に輸送され、これらを取り付けて主翼構造体を組み立て、ボーイング向けに出荷する。

三菱重工は、787の複合材主翼の生産を当初から担当し、2007年5月に初出荷して以来、生産は順調に推移している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集