JAL、機内専用スマホアプリを提供…短時間で接続

航空 企業動向

国内線「JAL SKY Wi-Fi」専用スマートフォンアプリを提供
  • 国内線「JAL SKY Wi-Fi」専用スマートフォンアプリを提供
日本航空(JAL)は、国内線機内インターネット接続サービス「JAL SKY Wi-Fi」を簡単に使えるように、専用スマートフォンアプリのサービスを開始すると発表した。

同社は、2014年7月から当時、国内線で初となる機内インターネット接続サービス「JAL SKY Wi-Fi」を提供している。今回、短い国内線の飛行時間を考慮、インターネット接続までの手間を少なくするスマホアプリのサービスを開始する。

地上、国内線「JAL SKY Wi-Fi」対象機内で利用できる新規ユーザー登録専用機能を搭載する。アプリを利用すれば、WEBページでの利用よりも画面遷移が少ないため、素早く登録が可能。

アプリにgogoユーザーアカウントID(メールアドレス)とパスワードが保存され、機内において自動的なログイン処理が可能。事前に購入されたWi-Fiパス、JMBダイヤモンド・JGCプレミア・JMBサファイア会員、各種キャンペーンで登録されたWi-Fiパスをアプリで表示され、利用できる。

対象はアンドロイド2.3以上のスマホ端末。Google Playで「JAL SKY WIFI」を検索して利用できる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集