建設業改革計画、ナジブ首相が発表…外国人労働者依存の軽減に向け マレーシア

ナジブ・ラザク首相は 10 日、外国人労働者への依存を軽減し、マ レーシアの建設産業を世界のトップレベルにまで引き上げるための建設産業改革計画(CITP) に基づく 18のイニシアティブを発表した。ザ・スターが報じた。

エマージング・マーケット 東南アジア
ナジブ・ラザク首相は 10 日、外国人労働者への依存を軽減し、マ レーシアの建設産業を世界のトップレベルにまで引き上げるための建設産業改革計画(CITP) に基づく 18のイニシアティブを発表した。ザ・スターが報じた。

第11次マレーシア計画(11MP)の一環でもあるCITPは建設産業における人材開発を中心 とした計画で、建設産業に関する訓練コースを作り、スキルアップやスキルトレード、カリ キュラムの見直しや最新の建設産業の状況に合わせた訓練内容の策定などが盛り込まれてい る。建設産業に特化した見習いプログラムの実施も予定しており、政府機関と建設産業が共 同で行う。

他にも建設産業での品質や安全、プロフェッショナリズム、環境面での持続可能性、生産 性、国際化などの側面から、マレーシアを高所得国家とする中で建設産業を主要産業と位置 付け、成長させるための計画を進める。

建設産業は今年2桁台の成長が見込まれている。過去2年間の成長率は10.8%、11.8%と 好調だった。国内での人材育成を通じて外国人労働者への依存を軽減させる。また、工業化 建築システム(IBS)の利用を推進し、機械化や最新の建築手法を使う。また、国際的、一般 的な建設産業へのイメージを改善し、安全や健康を重視する文化を広め、生産性を高める努 力を多角的に行う。

ナジブ首相は、建設産業におけるプロジェクトの数は増加しており、2011年には1020億 リンギ相当のプロジェクトが実施されたが2014年には1570億リンギにまで増加したと明らかにした。
千田真理子

編集部おすすめのニュース