濡れた路面でスリップしたバイク、対向車線のバスと衝突

自動車 社会 社会

7日午前7時ごろ、兵庫県神戸市西区内の県道を走行していたバイクが転倒。滑走しながら対向車線側へ逸脱し、対向車線を順走してきた大型路線バスと衝突する事故が起きた。この事故でバイクを運転していた52歳の男性が死亡している。

兵庫県警・神戸西署によると、現場は神戸市西区伊川谷町長坂付近で片側1車線の緩やかなカーブ。バイクはカーブを進行中にバランスを崩して転倒。滑走しながら対向車線側へ進入し、対向車線を順走してきた大型路線バスの側面部に衝突した。

この事故でバイクを運転していた垂水区内に在住する52歳の男性が全身を強打。近くの病院へ収容されたが、まもなく死亡。バスの乗客乗員にケガはなかった。

事故当時、現場の路面は雨で濡れた状態となっており、警察ではバイクがスリップしたものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集