高島屋の「タブレット接客」…店頭で欠品した商品をその場で注文

エンターテインメント 話題

高島屋&オンワード ホールディングスが共同プロジェクト展開、「タブレット接客」を正式導入
  • 高島屋&オンワード ホールディングスが共同プロジェクト展開、「タブレット接客」を正式導入
  • 高島屋&オンワード ホールディングスが共同プロジェクト展開、「タブレット接客」を正式導入
高島屋とオンワード ホールディングスが、リアル店舗とインターネットショップを融合させる「オムニチャネル戦略」を推進するための共同プロジェクトを実施。このほど、高島屋でタブレットを使った接客を導入することを発表した。

営業力強化策のひとつとして「オムニチャネル戦略」の加速を掲げる高島屋と、これまでにブランド共通ポイントカードシステム「オンワードメンバーズ」の導入や、ECの新プラットフォームの構築など、オムニチャネル化に向けた活動を行ってきたオンワード ホールディングス。今回の共同プロジェクトは、ECの拡大とスマートフォンの普及により、リアル店舗とネットショップの双方を活用して買い物をする消費者が増加する昨今のファッション市場を背景に企画されたものだ。

具体的な取り組みとしては、9月9日より高島屋新宿店と高島屋横浜店で展開されている23区、組曲、ICB、自由区、Jプレス(ウィメンズ)などのオンワード樫山のショップにタブレット型PC端末を導入。高島屋のグループ会社によるファッション通販サイト「セレクトスクエア」とオンワード ホールディングスのEC在庫が連動しており、店頭で取り扱いのない商品や欠品している商品などを、この端末を通して購入が出来るようになっている。

なお、この“タブレット接客”は今夏、一部の高島屋店舗でトライアルを実施。ニーズが十分にあるとの結論に至り、今回正式に導入された。来春からは他の高島屋店舗でも導入される予定だ。

高島屋が「タブレット接客」導入。オンワードと“リアル店舗×EC”の共同プロジェクト

《HEW》

編集部おすすめのニュース