エア・カナダ、モントリオール=カサブランカ線開設へ…2016年夏から

航空 企業動向

エア・カナダ・ルージュ
  • エア・カナダ・ルージュ
エア・カナダは9月9日、モントリオール=カサブランカ線を新規開設し、2016年夏から運航を開始すると発表した。

カサブランカは北アフリカに位置するモロッコの都市。エア・カナダ(運航会社は子会社のエア・カナダ・ルージュ)は、モントリオール発着の国際線を更に発展させるため、アフリカの都市に初めて就航する。観光客はもちろん、モントリオールにコミュニティを築くモロッコ人の利用に期待を寄せている。

フライトスケジュールは以下の通り。AC1936便はモントリオールを21時40分に出発し、カサブランカに翌10時に到着。運航曜日は月・水・金・日。AC1937便はカサブランカを11時55分に出発し、モントリオールに14時45分に到着する。運航曜日は月・火・木・土。使用機材はボーイング767-300ER型機(280席)。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース