自宅近くで衝突事故を起こして逃走の女、飲酒運転容疑で逮捕

5日午前5時10分ごろ、宮城県仙台市青葉区内の市道を走行していた乗用車が路外に逸脱。民家の外壁や駐車中のクルマへ衝突する事故が起きた。運転していた44歳の女は車両を放置して逃走したが、警察は飲酒運転容疑で逮捕している。

自動車 社会 社会
5日午前5時10分ごろ、宮城県仙台市青葉区内の市道を走行していた乗用車が路外に逸脱。民家の外壁や駐車中のクルマへ衝突する事故が起きた。運転していた44歳の女は車両を放置して逃走したが、警察は飲酒運転容疑で逮捕している。

宮城県警・仙台北署によると、現場は仙台市青葉区中山付近。乗用車は路外に逸脱して民家の外壁や、敷地内に駐車されていたクルマに次々と衝突した。

人的な被害は無かったが、クルマの運転者は現場に車両を放置して逃走。通報を受けた同署員がナンバーの照会を行い、クルマを使用する44歳の女が現場近くに住んでいることを把握。自宅を訪問して職務質問を行おうとしたところ、この女が酒気帯び状態ということが判明し、飲酒運転の事実を大筋で認めたため、道路交通法違反(酒気帯び運転)容疑で逮捕している。

警察では女が飲酒した場所や量の特定を急ぐとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集