郵船クルーズ、「飛鳥II」による「大相撲クルーズ」を2年ぶりに実施…2016年6月

船舶 企業動向

前回の「大相撲クルーズ」(参考画像)
  • 前回の「大相撲クルーズ」(参考画像)
  • 前回の「大相撲クルーズ」(参考画像)
「飛鳥II」を運航する郵船クルーズは、2014年に実施して好評だった「大相撲クルーズ」の第2弾を2016年6月に実施すると発表した。

「大相撲クルーズ」は、前回と同様、横綱・大関2人、関取2人、親方またはOB1人に加え行司、呼出し、床山、若手力士が乗船する。船内では関取トークショーをはじめ、様々な大相撲イベントを実施するプレミアムクルーズとなる。

クルーズは6月1日に東京港晴海ふ頭を出発、6月3日に横浜港大さん橋に到着する2泊3日無寄港。

今回は、「ロイヤルスイート・アスカスイート」利用者特典として、2016年に両国国技館で開催される9月場所のAマス席観戦チケット・お土産を用意する。クルーズに加えて、大相撲9月場所も観戦できる。

乗船する関取は2016年4月中旬に正式発表する。前回は白鵬関、稀勢の里関、豊ノ島関、勢関、藤島親方、浅香山親方が乗船した。クルーズの販売開始は2015年10月30日の予定。

旅行代金は11万4000~55万7000円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集