コマツ、3トンクラスの新型バッテリーフォークリフトを発売

自動車 ビジネス 国内マーケット

コマツ FE30-1
  • コマツ FE30-1
コマツは、最大荷重3トンの新型バッテリーフォークリフト「FE30-1」を9月1日から販売を開始した。

コマツは、小型クラスはバッテリー式フォークリフト「FEシリーズ」、中型クラスは油圧駆動式トランスミッションを採用したディーゼルエンジン式フォークリフト「FHシリーズ」を中心に商品展開を進めている。

「FE30-1」は先に発売した「FE25-1」と同様に、バッテリー式ならではの環境性能・快適性・低ランニングコストはそのままに、コマツ独自の急速補充電システムにより長時間稼働を実現した。加えて、耐水性・防塵性を高め、屋外や粉塵など様々な現場環境に対応する。

また、イージーメンテナンスバッテリーの採用により、バッテリー補水作業や、充電時にバッテリーフードを開放する作業は不要とした。さらに、車両の稼働状況を把握する「KOMTRAX」を標準搭載。稼働の「見える化」を実現し、フリート遠隔管理と現場改善を支援する。

価格(工場裸渡し、税抜、国内標準仕様車)は584万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集