スカイマーク会長にインテグラル佐川代表、社長は政策投資銀出身の市江氏

航空 企業動向
スカイマーク(参考画像)
  • スカイマーク(参考画像)
民事再生手続き中のスカイマークは、新しい経営体制と再生計画の実行に向けた今後のスケジュールを公表した。

同社の再生計画は8月5日、東京地方裁判所が認可したが、異議申し立てがなかったため、8月31日付けで確定した。

新しい経営体制では、投資ファンドで同社の経営再建を主導してきたインテグラルの佐山展生代表が会長、日本政策投資銀行出身の市江正彦氏が社長、スポンサー航空会社の全日本空輸(ANA)出身の矢口秀雄氏が専務取締役にそれぞれ就任する。ANAの整備センター副センター長付主席部員の増川則行氏も取締役に就任する。9月29日付け。

今後のスケジュールでは、9月29日付けで100%減資と、スポンサーによる増資するとともに、臨時株主総会を開催して新しい経営陣を選任する。その後、11月30日付けで基本弁済を実施する予定。追加弁済の時期は未定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集