ボーダフォン、12月末までにデリーやムンバイなど5都市で4G通信サービスを開始…インド

エマージング・マーケット インド・南アジア

ムンバイ都心部
  • ムンバイ都心部
インド二番手の通信会社、ボーダフォンインディアが、12月からムンバイ、デリー、コルカタ、バンガロール、コチで4G通信サービスを開始し、業界最大手のバールティ・エアテルやリライアンス・ジオとの激しい競争に参戦するとエコノミックタイムスが伝えた。

また先週の声明では、3G通信サービスをアッサム、北東部、UP西部、ラジャスターン、カルナータカ、ケララ、オディシャの7つの地域で開始し、3Gサービス提供地域を16ヶ所に増やすことを発表した。

一方エアテルは最初に4G通信サービスを開始したという強みを持ち、既に300ヶ所の都市で同サービスを提供しており、リライアンスはLTE方式の通信サービスの試験的運用を既に開始し、12月に提供を開始すると言われている。

またアイディアセルラーは独自のサービスを来年から開始すると見られている。

2014年2月の通信帯域販売時に、ボーダフォンは同社のデータ通信の約50%を占めるこれらの5地域における4G LTE帯域を獲得した。

世界全体では親会社であるボーダフォンUKは18ヶ国で4Gサービスを提供しており、その利用者はグループ全体で2千万人にのぼる。

同社は「世界中のあらゆる国で提供してきた経験と専門知識をもとに、ボーダフォンは4G通信サービスへのニーズを理解し、全インドで提供を開始する適切な時期を見据えている」と述べている。
編集部

編集部おすすめのニュース