名古屋市営地下鉄5000形の引退記念グッズを販売…8月30日

鉄道 行政
名古屋市交通局は、8月30日限りで引退する東山線の5000形を記念したグッズ販売を藤が丘駅のリニモス広場で行う。

5000形は、東山線初の冷房付き車両として1980年7月1日から営業運行を開始。チョッパ制御の採用により、冷房を使用しても従来車より電力を低減。外観は無塗装のアルミ車体を採用していたが、従来の「黄電」のイメージを受け継いで、窓下にウィンザーイエローの帯が入れられた。最盛期には23編成138両が運用されていたが、5101編成を皮切りに2003年度末から廃車が始まり、2007年からN1000形が登場すると、同形が増備されるごとに廃車が進み、一部の車両はアルゼンチンへ譲渡されている。最後の編成となったのは1984年に投入された5114編成で、今年7月14日から引退記念の装飾が施されていた。

引退記念のグッズ販売は10時から13時まで行われ、マナカチャージ券(1000円)、引退記念マフラータオル(1000円・100枚限定)のほか、携帯ストラップ、携帯クリーナー、ボールペンといったグッズが用意される。マナカチャージ券の購入者には5000形車両ヘッドマーク付き写真がプレゼントされる。なお、状況によっては整理券が配布され、購入数が制限される場合がある。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • 名古屋市地下鉄東山線の5000形、ラストランは8月30日 画像 名古屋市地下鉄東山線の5000形、ラストランは8月30日
  • 北の大地に保存された「赤い電車」を訪ねてみた…JR北海道の711系 画像 北の大地に保存された「赤い電車」を訪ねてみた…JR北海道の711系
  • 湘南モノレール、5000系増備車の色を当てるクイズ実施 画像 湘南モノレール、5000系増備車の色を当てるクイズ実施
  • JR東日本、東北・新潟地区の気動車をミャンマーに譲渡 画像 JR東日本、東北・新潟地区の気動車をミャンマーに譲渡
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース