日本板硝子とトヨタ、ショールーム向けインナーガラススキンを開発

自動車 ビジネス 国内マーケット
出展ブースイメージ
  • 出展ブースイメージ
  • 出展ブースイメージ
日本板硝子環境アメニティは、トヨタ自動車と共同開発した、自動車ショールーム等の店舗向けダブルスキン用インナーガラススキン「トロポス NEO」の試作品を、7月8日から10日まで東京ビッグサイトで開催される「省エネ・節電EXPO」に出展する。

今回展示する「トロポス NEO」は、従来のダブルスキン構造にもある高い省エネ環境性能はそのままに、新開発の電動収納システムによるフルオープン機能を搭載し、ショールーム等の外部から必要な視認性を重視した柔軟な運用を可能としている。

「省エネ・節電EXPO」では、「トロポス NEO」とともにトヨタの次世代モビリティ『i-ROAD』を併設展示し、新商品をアピールする。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 紫外線99%カット…トヨタ SAI 改良新型に、スーパーUV400カットガラス採用 画像 紫外線99%カット…トヨタ SAI 改良新型に、スーパーUV400カットガラス採用
  • AGC、ポーランド NordGlass社を買収…欧州での自動車用補修ガラス事業を強化 画像 AGC、ポーランド NordGlass社を買収…欧州での自動車用補修ガラス事業を強化
  • 旭硝子、中国でTFT液晶ガラス基板を一貫製造へ 画像 旭硝子、中国でTFT液晶ガラス基板を一貫製造へ
  • AGC旭硝子の「ミラノサローネ」への挑戦…“ガラスの可能性”を問う 画像 AGC旭硝子の「ミラノサローネ」への挑戦…“ガラスの可能性”を問う

特集