山陽電鉄、西新町駅付近の高架化完成で記念切符発売

鉄道 企業動向
6月20日の高架化にあわせ発売される記念入場券の案内。高架化により9カ所の踏切が解消される。
  • 6月20日の高架化にあわせ発売される記念入場券の案内。高架化により9カ所の踏切が解消される。
山陽電気鉄道は西新町駅(兵庫県明石市)付近の高架化工事が完成するのを記念し、6月20日10時から「西新町駅付近高架化完成記念入場券」を発売する。発売額は690円。

同駅付近の高架化は、兵庫県の都市計画事業として行われている連続立体交差事業(連立事業)の一環。西新町駅を含む明石川から林崎松江海岸駅東方までの約1.9kmを高架化するもので、6月20日の初発から列車の運行が高架線に切り替わる。

記念入場券は人丸前・明石・西新町各駅で利用できる大人用・子供用入場券の計6枚をセットにしたもの。西代・板宿・東須磨・山陽須磨・山陽垂水・山陽明石・東二見・高砂・大塩・飾磨・山陽姫路・山陽網干各駅で発売される。

発売期間は9月30日までの予定だが、1000セットの限定発売。売切れ次第販売を終了する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • 山陽電鉄の西新町駅付近、6月20日から高架線に 画像 山陽電鉄の西新町駅付近、6月20日から高架線に
  • 山陽電鉄、19年ぶり新型車両「6000系」を導入へ 画像 山陽電鉄、19年ぶり新型車両「6000系」を導入へ
  • 山陽電鉄と台湾宜蘭線が姉妹鉄道に…12月22日に締結式 画像 山陽電鉄と台湾宜蘭線が姉妹鉄道に…12月22日に締結式
  • 東急、高架下防犯カメラに画像解析技術応用した監視サービス導入 画像 東急、高架下防犯カメラに画像解析技術応用した監視サービス導入

特集

おすすめのニュース