ドローンの安全なシステム操作環境構築へ、協議会が発足

航空 企業動向
精密農業におけるドローン利活用の実証実験
  • 精密農業におけるドローン利活用の実証実験
サイバートラストなど6社は、ドローン(無人航空機)の安心安全なシステム操作環境と、セキュアなクラウドサービスの構築に向け「セキュアドローン協議会」を発足した。

協議会参加企業は、サイバートラストのほか、ジャパンインテグレーション、スプリングフィールド、ソーラー・エナジー・ソリューションズ、ユビキタス、ラックの6社。

協議会では、参加社各社が持つドローン技術、セキュリティ技術、IoTクラウド/組込ソフトウェア関連技術、エネルギー管理システムなど、ICT関連技術の知見と経験を持ち寄り、ドローンの安心安全な操作環境、データ送信環境の確立を目指す。

協議会としての最初の取り組みを、6月から北海道旭川市と沖縄県で、「精密農業におけるドローン利活用の実証実験」を開始する。

実証実験では、先進事例となっている米国の精密農業での取り組みを参考に、今後急速にインテリジェンス化する日本の農業分野で、ドローンがどのように安全に利活用できるかを検証する。

さらに、8月には、ドローンの安心安全な操作の啓発活動として、協議会の会長である春原久徳氏(スプリングフィールド代表取締役)が講師となって「安心安全・夏休み親子ドローン体験塾」を実施する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ドローンを防御…複数のマイクで飛行音を分析、位置を割り出す 画像 ドローンを防御…複数のマイクで飛行音を分析、位置を割り出す
  • ドローン規制で航空法改正検討 太田国交相 画像 ドローン規制で航空法改正検討 太田国交相
  • JUIDA、試験飛行場をつくばに開設…無人航空機の研究開発を支援 画像 JUIDA、試験飛行場をつくばに開設…無人航空機の研究開発を支援
  • ALSOK、ドローン侵入による被害を防止するサービスを開発…センサーで検知 画像 ALSOK、ドローン侵入による被害を防止するサービスを開発…センサーで検知

特集