江ノ島電鉄の観光記念入場券、今回はしおりタイプの台紙付き

鉄道 企業動向
台紙が付いた江ノ電の観光記念入場券。台紙裏面には路線図が5分割で描かれており、5枚そろえることで「小さな江ノ電マップ」になる。
  • 台紙が付いた江ノ電の観光記念入場券。台紙裏面には路線図が5分割で描かれており、5枚そろえることで「小さな江ノ電マップ」になる。
江ノ島電鉄は6月1日から、「観光記念入場券」を発売する。今回は写真入りのカラー刷りで、しおりタイプの台紙がセットになっている。

発売駅は、藤沢・江ノ島・極楽寺・長谷・鎌倉の5駅。5駅全ての入場券をそろえると、台紙の裏面が「小さな江ノ電マップ」になる。発売額は鎌倉駅が140円で、それ以外の各駅が190円。

発売枚数は藤沢・江ノ島両駅が200枚ずつ、極楽寺・長谷・鎌倉各駅が400枚ずつになる。また、藤沢駅と鎌倉駅では50部ずつの限定で5駅セット(900円)も発売される。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース