『ネペンテス』がメディア事業に進出…世界観を凝縮した雑誌を創刊

エンターテインメント 出版物・電子書籍

ネペンテスが雑誌『nepenthes in print』を創刊
  • ネペンテスが雑誌『nepenthes in print』を創刊
  • ネペンテスが雑誌『nepenthes in print』を創刊
  • ネペンテスが雑誌『nepenthes in print』を創刊
  • ネペンテスが雑誌『nepenthes in print』を創刊
ネペンテス(NEPENTHES)が新たなプロジェクトとしてバイリンガル雑誌
『NEPENTHES in print』を創刊。創刊号『#1』は4月18日発売。価格は500円。

『#1』の誌面には、デザイナー、鈴木大器が語る15SSコレクションのテーマ「トラベル&サファリ」特集をはじめ、清水慶三のインタビュー、映画のインスピレーションとルックなどを掲載。他にも、音楽家・木村充揮(憂歌団)のインタビュー、モデルの満島みなみ、冒険家でありアーティストでもあるピーター・ビアードが登場している。

この創刊号『NEPENTHES in print #1』は、NEPENTHES TOKYO、ENGINEERED GARMENTS、NEPENTHES OSAKA、NEPENTHES HAKATA、SOUTH2 WEST8といった国内の直営店及び、世界のネペンテス取り扱い店にて、販売。今後、書店などで販売されることも視野に入れており、書籍コードも設けている。同ブランドによると次号も製作中で、6月末あたりに発行予定だという。

ネペンテスは、ニードルズ(NEEDRES)、エンジニアドガーメンツ(ENGINEERED GARMENTS)などメンズを中心にオリジナルブランドを展開するショップ。最近ではエンジニアドガーメンツが一風堂NY店の制服デザインを手がけた事でも話題を集めた。

ネペンテスが雑誌『nepenthes in print』を創刊

《編集部》

編集部おすすめのニュース