ガリバー、感情認識ロボット Pepper による買取受付を開始

ガリバーは、世界初の感情認識パーソナルロボット「Pepper(ペッパー)」に独自開発のアプリケーションを搭載、Pepperによる買取(査定)受付を開始する。

自動車 ビジネス 企業動向
ガリバーは、世界初の感情認識パーソナルロボット「Pepper(ペッパー)」に独自開発のアプリケーションを搭載、Pepperによる買取(査定)受付を開始する。

買取(査定)受付では、Pepperが名前やアンケート項目、アピールポイントなどを、口頭とタッチパネルでヒアリングし、聞いた内容を即座に担当者のパソコンに送信。クルマの買取金額とPepperがヒアリングした内容をもとに営業スタッフが商談を進めるという。

ガリバーでは、独自アプリを搭載したPepperのお披露目会を、ファミリーカー専門店「スナップハウス名古屋鳴海店」のオープンを記念して、5月1日から3日まで、イオンモール大高(名古屋市緑区)で開催する。

また同社では、買取受付だけではなく、購入受付、契約説明アプリケーションも開発中。Pepperのコミュニケーションにより、新たな顧客層も発掘し、今後の改善やサービス提供に活かしていく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 世代で異なる「ロボット観」、30代は“ロボット不信世代”? 画像 世代で異なる「ロボット観」、30代は“ロボット不信世代”?
  • ガリバー、ニュージーランド店の来場者がオープン4か月で800組超 画像 ガリバー、ニュージーランド店の来場者がオープン4か月で800組超
  • ソフトバンクの感情認識パーソナルロボット、初回生産分300台は1分で完売 画像 ソフトバンクの感情認識パーソナルロボット、初回生産分300台は1分で完売
  • ソフトバンク、感情認識パーソナルロボット「Pepper」を開発者向けに発売 画像 ソフトバンク、感情認識パーソナルロボット「Pepper」を開発者向けに発売

特集