筑豊電鉄、nimoca導入記念のラッピング車運行

鉄道 企業動向
3月14日から運行を開始するラッピング電車のイメージ。水色をベースにnimocaカードなどをデザインする。
  • 3月14日から運行を開始するラッピング電車のイメージ。水色をベースにnimocaカードなどをデザインする。
  • 筑豊電鉄3000形電車の3004号。今回のラッピング車は3007号が使用される。
筑豊電気鉄道は3月14日から、「ちくてつ電車 nimocaサービス開始ラッピング電車」の運行を始める。

西日本鉄道(西鉄)が展開している交通系ICカード「nimoca」の導入(3月14日)を記念して運行するもの。3000形電車の3007号編成を装飾する。nimocaのイメージカラーである水色をベースとし、筑豊電鉄が発行するオリジナルデザインのnimocaカード、新型の5000形電車や3000形、nimocaキャラクター「フェレット」を車体にデザインする。

オリジナルデザインのnimocaカードは3月14日から、楠橋電車営業所や黒崎定期券発売所などで販売する予定。発売額は1枚2000円(うちデポジット500円)になる。1万枚の限定発売で、売切れ次第販売を終了する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • 筑豊電鉄の低床式新型電車、3月14日から運行開始 画像 筑豊電鉄の低床式新型電車、3月14日から運行開始
  • 筑豊電鉄、西鉄バスとの乗継ぎでnimocaのポイントアップ 画像 筑豊電鉄、西鉄バスとの乗継ぎでnimocaのポイントアップ
  • 筑豊電鉄「nimoca」は3月14日から…「おとなり割引」サービス導入 画像 筑豊電鉄「nimoca」は3月14日から…「おとなり割引」サービス導入
  • JR西日本、今年も「カープ」ラッピング車運行…3月22日から 画像 JR西日本、今年も「カープ」ラッピング車運行…3月22日から

特集

おすすめのニュース