「鉄道甲子園」今年もゴールデンウィーク開催

鉄道 エンタメ・イベント

鉄道甲子園2015
  • 鉄道甲子園2015
  • 教習用シミュレーター
  • プラレールのジオラマ
 阪神コンテンツリンクは鉄道イベント「鉄道甲子園2015」を4月29日~5月6日、大阪市で開催する。電車運転体験やプラレールのジオラマコーナーなど、鉄道ファンにはうれしい企画がそろう。入場料は大人1,000円、3歳~小学生は700円(各税込み)。

 「鉄道甲子園」は今年で4回目。毎回約3万人の来客がある大型イベントだ。関西の一大ターミナル梅田エリアのハービスHALLを会場に、親子で楽しめる内容になっている。

 コンセプトは「子どものための都市型鉄道テーマパーク」で、会場を「体験」「展示」「販売」の3つのエリアにわけている。体験ゾーンでは、実際に運転士教習用として使われているシミュレーターや運転ハンドル、パンタグラフ操作体験器など、実物の鉄道関連機器に触れ、操作をすることができる。

 展示ゾーンでは多くの車種のプラレールが走るジオラマを見ることができ、販売ゾーンでは各鉄道会社のグッズやプラレール、鉄道甲子園オリジナルグッズなどを販売する。そのほか、乗って遊べるミニ電車や鉄道ミニゲーム、縁日コーナー、抽選会などが行われる。

 前売り券はチケットぴあ、ローソンチケット、イープラスなどで販売中。

◆鉄道甲子園2015
日時:4月29日(水・祝)~5月6日(水・振休)9:00~17:00
会場:ハービスHALL(大阪市北区梅田2-5-25)
入場料:大人当日1,000円(前売り800円)、3歳~小学生当日700円(前売り500円)※すべて税込価格

【GW】親子で楽しむ「鉄道甲子園2015」梅田で開催、4/29~5/6

《田中志実》

編集部おすすめのニュース

特集