ユニバンス、国内生産拠点の人員規模を最適化…早期希望退職200人を募集

自動車 ビジネス 企業動向
ユニバンスは、国内生産拠点で人員規模を適正化すると発表した。

同社では、事業構造改革の一環として国内生産体制の再編を進めてきた。この中で、減産を予定していた案件の遅れなど、生産動向を踏まえて、内容を一部変更した。しかし、今後の国内生産の減少を踏まえて、人員規模の適正化は2015年度内に、集中的に実行することが不可欠と判断した。

早期希望退職者200人を今年5~8月にかけて募集する。退職日は6月末から10月末まで。早期希望退職制度による特別退職加算金として最大8億円を今期、特別損失に計上する予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ニフコ、宇都宮工場を2015年末に閉鎖…将来の国内自動車生産台数縮小に備え 画像 ニフコ、宇都宮工場を2015年末に閉鎖…将来の国内自動車生産台数縮小に備え
  • 2014年の希望・早期退職者募集実施企業は31社、2000年以降で最少…東京商工リサーチ調べ 画像 2014年の希望・早期退職者募集実施企業は31社、2000年以降で最少…東京商工リサーチ調べ
  • ルネサス、早期希望退職者募集に1725人が応募 画像 ルネサス、早期希望退職者募集に1725人が応募
  • ペトロナス、10%以上の人員削減へ 運営費削減を図り 画像 ペトロナス、10%以上の人員削減へ 運営費削減を図り

特集