自転車同士が出会い頭衝突、重傷者を放置して逃走

自動車 社会 社会

26日午前10時10分ごろ、大阪府高石市内の市道で、交差点を進行していた自転車同士が出会い頭に衝突する事故が起きた。この事故で一方の自転車に乗っていた57歳の女性が骨折などの重傷を負ったが、もう一方の自転車は現場から逃走している。

大阪府警・高石署によると、現場は高石市綾園付近。交差点に信号機は設置されていない。双方の自転車とも減速しないまま漫然と交差点に進入。直後に出会い頭での衝突に至ったものとみられる。

衝突によって双方の自転車ともに転倒。一方の自転車に乗っていた57歳の女性が右足首を骨折するなどの重傷を負ったが、もう一方の自転車に乗っていた20歳代とみられる女性は現場からそのまま逃走した。

警察では重傷ひき逃げ事件として、現場から逃走した自転車の行方を追うとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集