東名高速を高齢者運転のクルマが逆走、順走車と衝突

自動車 社会 社会

24日午後6時35分ごろ、静岡県小山町内の東名高速道路下り線で、77歳の男性が運転する乗用車が逆走。順走していた乗用車1台と衝突する事故が起きた。この事故で双方のクルマは中破したが、人的な被害は発生しなかった。

静岡県警・高速隊によると、現場は小山町竹之下付近で登坂車線を含み、片側4車線の直線区間。神奈川県秦野市内に在住する77歳の男性が運転する乗用車は第1車線を逆走。順走してきた乗用車1台と衝突した。

衝突によって双方のクルマは中破。順走車に乗っていた2人にケガはなく、逆走車の運転者も無事だった。他に巻き込まれた車両は無かったが、現場検証や事故処理のために第1車線と登坂車線の通行が約3時間に渡って規制されている。

警察では逆走車の運転者から事情を聞くとともに、逆走開始地点の特定など、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集