スズキ、インド新工場の定礎式を実施…年間25万台、2017年に生産開始

自動車 ビジネス 企業動向

スズキは1月28日、インド・グジャラート州に新しく設立した四輪車生産子会社「スズキ・モーター・グジャラート社(SMG)」の新工場の定礎式を実施した。

式典には、アナンディベン・パテル グジャラート州首相をはじめ、州政府からの来賓、八木毅インド駐箚特命全権大使、スズキからは鈴木修会長兼社長、鈴木俊宏副社長、マルチ・スズキ社のR.C.バルガバ会長、鮎川社長らが出席した。

鈴木会長は式典の挨拶で「グジャラートでの新工場建設は、我々にとって新たな時代の幕開けであり、第2のスズキ・プロジェクトだ。モディ首相が提唱する "Make in India" 構想のもと、グジャラート州に生産性・効率性を追求した最新鋭の生産工場を立ち上げる。新工場は25万台の生産能力からスタートし、皆さんと一緒に作った製品をインド、全世界へ供給していきたい」と述べた。

SMGは、今後のインド四輪車市場の伸張およびインドからの輸出拡大に備え、四輪車の生産能力を確保するためにスズキが全額出資する形で2014年3月に設立。新工場の生産能力は年間25万台を予定、2017年半ばの生産開始を目指している。投資額は約600億円を見込む。

新工場で生産された車両・部品はマルチ・スズキ社にのみ供給され、同社の販売網で販売する。マルチ・スズキ社では商品開発と販売力強化の投資に専念し、新生産会社への投資はスズキが行っていく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集