ルネサス、設計・開発機能の集約に伴って子会社などを再編

自動車 ビジネス 企業動向

ルネサスのLSI(イメージ)
  • ルネサスのLSI(イメージ)
ルネサスエレクトロニクスは、グループ内の設計・開発機能を再編するのに伴って連結子会社と会社分割や、連結子会社間で合併すると発表した。

同社の設計・開発部門、設計・開発・応用技術の国内グループ会社であるルネサスソリューションズ(RSO)、ルネサスシステムデザイン(RSD)、ルネサスエンジニアリングサービス(REG)の機能を再定義し、これに伴って組織変更を2014年8月1日付けで実施した。今回、組織変更に係わる資産、負債、人員、契約などを包括的に移管するグループ再編を今年4月1日付けで実施する。

4月1日付けでルネサス本体のデバイス・ソリューション開発機能を分社化してRSOへ移管する。同日付けで、ルネサス本体の半導体製品に係る開発、技術支援機能を分社化してREGへ移管する。

さらに、同日付けで、RSOを存続会社とし、RSDを吸収合併する。合併後、RSOは、「ルネサスシステムデザイン」に社名変更する予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集