GST導入、テレビや冷蔵庫が値下がり マレーシア関税局

エマージング・マーケット 東南アジア

マレーシア(イメージ)
  • マレーシア(イメージ)
現行の売上税およびサービス税(SST)の税率が合計で10%となっているが、4月に物品・サービス税(GST)が導入されることによりSSTが撤廃され、6%のGSTが導入されることから、テレビや冷蔵庫、エアコンなどの商品が値下がりする。

関税局のGST担当者によると、値下がりするのはこれまでSSTの課税対象品目だった商品で、テレビ等の一部家電製品の他、バスタオル、歯ブラシ、おむつ、輸入果物などが対象となる。一方で値上がりするのは、これまで免税とされていた携帯電話やラップトップ、「i-Pad」、水、雑誌、一部化粧品、腕時計、アイスクリームなど。

政府は、900品目超を課税対象外に指定している。食料品や教育、公共交通機関など生活に密着したものが対象外となった。ゼロ税率項目は、農産物や食品、基本電気料金、基本水道料金などゼロ税率を適用するもので、▽米▽小麦粉▽パン▽ビスケット▽麺▽砂糖▽塩▽調理油▽茶▽コーヒー▽果物▽野菜▽魚▽甲殻類▽牛肉▽豚肉▽羊肉▽鶏肉▽絵本や参考書、テキストなどの書籍▽新聞--などが相当する。基本料金内の水道と電気料金(300キロワット/時以下)、生命保険や、教育サービス、高速道路料金なども含まれる。
広瀬やよい

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品