ロールスロイス、シンガポールでトレント1000エンジンの製造を開始

船舶 企業動向

ロールスロイスは、シンガポールの航空会社スクート向けのロールスロイス・トレント1000エンジンを公開した。

シンガポールのセレター航空宇宙産業団地で製造された初のトレント1000エンジン。今後、スクートのボーイング787向けに20機を供給する予定。

シンガポールで製造したトレント1000公開イベントには、シンガポールのヘン・スウィー・キート教育相、スクートのキャンベル・ウィルソンCEO、ロールスロイスのジョナサン・アシャーソンASEAN太平洋地域ディレクターが出席した。

787ドリームライナーに搭載するトレント1000は、燃費性能が高く、ノイズも低いエンジンで、2011年10月に就航した787-8ドリームライナーに初めて搭載された。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集