GSユアサ、リチウムイオン電池一体型の太陽光発電用パワーコンディショナを発売

自動車 ビジネス 企業動向

GSユアサ・パワーソーラー3とタッチパネルモニタ
  • GSユアサ・パワーソーラー3とタッチパネルモニタ
  • GSユアサ・3つの運転モード
  • GSユアサ・産業用リチウムイオン電池LIM50シリーズ12セルモジュール
GSユアサは1月27日、リチウムイオン電池一体型の太陽光発電用パワーコンディショナ「パワーソーラー3」を発売した。

新製品は、出力容量4.5kWのパワーコンディショナとリチウムイオン電池の一体構造となっており、災害による大規模停電時にも安定した電力を供給可能。リチウムイオン電池はLIM50シリーズを搭載、容量は4.2kWh、8.4kWh、12.6kWhの3種類から選択できる。

また、防塵・防水に関する保護等級IP34相当の自立キャビネットを使用。屋外へ設置できるほか、同社の特許技術により、蓄電池から電気事業者の電力系統へ有効電力が流れる逆潮流を防止。太陽光パネルからの逆潮流を可能としている。

さらに防災用途に適した「停電対応運転モード」のほか、「夜間電力利用運転モード」「太陽電池電力充電運転モード」を搭載。これらはタッチパネルモニタで設定が容易にできる。

価格は4.2kWhが454万円、8.4kWhが665万円、12.6kWhが887万円。
《成瀬雄太@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集