2台以上の自動車保有世帯に課税も…ミャンマーの渋滞緩和対策

エマージング・マーケット 東南アジア

ヤンゴンの渋滞、年々激しさを増す
ミャンマー国税庁は、2台以上の車を保有する世帯に対し、課税額を強化する案を打ち出している。具体的な日程や課税の内容については、現在のところ未定である。

ヤンゴン市街地の渋滞は年々激しさを増しており、渋滞緩和の対策として、市内の登録車両の増加を抑制することが目的である。
ミャンマーの8割の車がヤンゴンに集中
2011年の民政移管以降、車の登録台数が大幅に増えていることや、国内の自動車の約8割がヤンゴンに集中していることから、ヤンゴン市街地の道路では渋滞が慢性化している。

自家用車での移動には時間がかかることから、ヤンゴン市街地では、公共交通機関であるバスの専用レーンを設けているものの、あまりにも渋滞が悪化していることから、バス専用レーンにもタクシーや自家用車が通行している現状がある。

経済成長阻害要因となるため、渋滞緩和策を講じる
商業省は、ヤンゴンの慢性的な渋滞が経済成長を阻害する要因となる、との考えから、ヤンゴンの渋滞を緩和させるために数々の方策を打ち出している。

交差点への信号機設置や高架橋の整備などを進めているものの、抜本的な解決には至らない見通しだ。今回打ち出した、2台以上の車を所有する世帯に課税を強化する方策も、大きな効果は見いだせないのではないか、との見方が強い。

2台以上車を保有する世帯に課税も 渋滞緩和対策で

《ミャンマーニュース》

特集