ルフトハンザドイツ航空、ミュンヘン発着のカナリア諸島路線を季節運航へ…10月~来年3月

航空 企業動向

ルフトハンザドイツ航空(イメージ)
  • ルフトハンザドイツ航空(イメージ)
  • カナリア諸島公式ウェブサイト
  • UDラス・パルマス公式ウェブサイト
  • ルフトハンザドイツ航空 カール・ウルリッヒ・ガーナート CEO 会見
ルフトハンザドイツ航空は1月23日、ミュンヘン発着のスペイン領カナリア諸島3路線(フエルテベントゥラ、テネリフェ、ラス・パルマス)について、10月から来年3月までの期間限定で運航すると発表した。

フエルテベントゥラ路線は週間1往復(日曜)で運航する。期間は10月25日~3月20日。テネリフェ路線の運航体制は週間1往復(土曜)。期間は10月31日~3月26日。使用機材は「エアバスA321」。座席数は200席で、ビジネスクラスも提供する。

また、グラン・カナリア島のラス・パルマス路線も週間1往復(日曜)で運航を再開する。期間は10月18日~3月20日。カナリア諸島3路線の往復運賃は280ユーロ(約3万7000円)から。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集