北京五輪金メダリストのサンチェス、BMCレーシングと無事再契約

エンターテインメント 話題

区間5位、総合7位に浮上したサンチェス(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第10ステージ)
  • 区間5位、総合7位に浮上したサンチェス(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第10ステージ)
  • サムエル・サンチェス(BMCレーシング)
  • BMCのサンチェス(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第18ステージ)
スペインのベテランで北京五輪・自転車ロード金メダリストのサムエル・サンチェスがBMCレーシングと2015年の契約を結び、チームに復帰することが1月23日に発表された。

サンチェスはスペインのチーム、エウスカルテルのエースとして長年活躍していたが、同チームの解散にともない、2014年にBMCレーシングへ移籍。2014シーズンはフィリップ・ジルベールのアムステルゴールドレースやツアー・オブ・北京での優勝、カデル・エバンスのジロ・デ・イタリアでの活躍に貢献した。

さらに自らもブエルタ・ア・エスパーニャ総合6位、ジロ・ディ・ロンバルディア5位などの成績を残している。

しかし、2014年末までにBMCレーシングとの契約が更新されず、その去就が宙に浮いていた。

2015年シーズンが始まったこの時期に、ようやくチームが決まったサンチェスは「僕にとって、BMCレーシングは僕のチームなんだ。選手を知ってるし、チームを知っている。僕はあまり大きな変化が好きじゃない。1つのチームがいいんだ。僕の体調は、明日レースする準備はできてないかもしれけど、地元でトレーニングは続けていた。マウンテンバイクに乗って、シクロクロスもしていたんだ。レベルは高くないけど、悪くはないよ」とBMCレーシング復帰を喜んでいた。

チームのジム・オショウィッツGMは「彼は我々の2014年の成功に大きく貢献した。今年も同じものを期待している。彼のプログラムは、グランツールとワールドツアーのレースに焦点を置く。そこで彼の豊富な経験と多様な才能がチームの大きな利点となるだろう」とサンチェスに期待している。

なお、契約金などの詳細は明らかにされていない。

北京五輪金メダリストのサンチェス、BMCレーシングとようやく再契約

《光石達哉@CycleStyle》

特集