イスラム国関与の逮捕者、他の拘留者を勧誘…マレーシア

エマージング・マーケット 東南アジア

イスラム国(IS)参加を企てたりメンバーを勧誘するなどの支援活動を行なったとしてマレーシア国内で120人が逮捕されている。マレーシアン・インサイダーが報じた。

一部の狂信者が雑居房内で他の拘留者に対してイスラム国のイデオロギーを説いていたことが分かり、当局によって現在別の監房に移されているという。

アハマド・ザヒド・ハミディ内務相によると、判明しているだけでこれまでに67人のマレーシア人がISに参加するためにシリアやイラクに渡航しており、5人が戦闘で死亡している。

マレーシア政府は、イスラム国などのイスラム過激派への対策として近く新たな法案を国会に提出する予定だ。

アハマド・ザヒディ内務相は22日、同省を表敬訪問した米国務省東アジア・太平洋担当のダニエル・ラッセル次官補と会談し、イスラム国対策について意見交換を行なった。
伊藤 祐介

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品