auから15年春モデル…Android搭載のガラケー“ガラホ”に注目

エンターテインメント 話題

 KDDIは19日、2015年春のauスマートフォン、フィーチャーフォンの新製品発表会を開催した。同社の田中孝司社長は、今シーズンにauのVoLTE対応機種を一気に充実させたことや、ユーザーの新機種購入時に発生する分割支払金残額を無料とする「アップグレードプログラム」についてアピールした。

 今回発表された端末は、スマートフォン4機種に、見た目にはいわゆる“ガラケー”だがAndroid OS搭載という、田中社長が“ガラホ”と銘打つ「AQUOS K」を含む6モデル。昨年末にサービスインとなった次世代音声通話サービス「au VoLTE」に対応する機種は3機種となり、発表済みの「isai VL」「URBANO V01」を加えた5モデル展開となった。

 auが全国広範囲に展開するLTEネットワークを活かしたクリアな品質の音声通話に加えて、同じau VoLTE対応の端末を使うユーザー同士でWebブラウザの画面を共有したり、画面内への手描きデコレーションが行える「シンクコール」に対応。発表会ではタレントの平井理央さんがサービスを体験しながら実演を交えて紹介する一幕も設けられた。田中社長は「auのVoLTEは常に4Gの品質を維持していただける快適なサービス。新しいシンクロ体験で生活が変わる。対応するスマホも自由に選べるようになった」と胸を張る。

 「au VoLTE」の対応する端末は、今回の春モデルの中では「INFOBAR A03」「AQUOS SERIE mini」「BASIO」の3機種だ。田中社長はそれぞれの端末を順に紹介。手のひらに馴染みやすい4.5インチのコンパクトサイズを実現したINFOBARについては、「個人的には“やるなau、INFOBAR忘れていないな”という気持ち」だと語り、美しい曲線を活かしたデザインやユーザーインターフェースの「iidaUI」を洗練させたことも特徴として触れた。なおデザインコンシャスなスペシャルモデルらしく、伊勢丹新宿店とのコラボなどによるアクセサリー製品も充実する。「INFOBARの世界観を楽しんでいただけるよう、伊勢丹とコラボしたスタンプラリーのようなイベントも2月に実施する」(田中社長)という。

 「AQUOS SERIE mini」はシリーズの高機能をハンディなサイズに凝縮したモデル。今回発表されたラインナップの中で、唯一192kHz/24bit、96kHz/24bitのFLAC/WAV形式によるハイレゾリューションオーディオの再生に対応している。

■au初となるシニア・ジュニア向けスマホ

 auはじめての“シニア向け”、“ジュニア向け”のスマホも登場した。前者が「BASIO」、後者が「miraie(ミライエ)」だ。「お客様の身になって、妥協することなく“チャレンジした”スマートフォンを作りたかった」と田中社長が話すように、それぞれ単純にシンプルさを追求しただけでなく、各ターゲットにとって必要な機能をしっかりと盛り込んだスマートフォンに仕上がっているのが特徴だ。

 「BASIO」は“音”に注力したスマートフォン。au VoLTEへの対応だけでなく、ディスプレイ全面を振動させて音声を伝える「スマートソニックレシーバー」により、年齢とともに聴力が衰えがちなシニア層にとって“使いやすい機能”を追加した。

 端末そのものだけでなく、購入者に向けたサービスも充実。auスマートサポートの有料会員向けに「スマホ教室」のイベントを開催したり、出張サポートサービス「auおせっかい部」の提供も行われる予定だ。BASIOの発売日から3月31日までの限定期間で、3,000円のauスマートサポートの加入費用を無料にするキャンペーンも実施する。また55歳以上のBASIOユーザーには特別優待料金も設けられる。

 「miraie」は「まだまだスマホをジュニア層にエンジョイしてもらえていなかった。親御様の子供を守りたいというお気持ちにも応えながら、安心・安全の機能を満載した究極のジュニアスマホ」だと田中社長は壇上で紹介した。2014年夏にMMD研究所が実施した市場調査によれば、小学生の低学年から高学年にかけた“ジュニア層”の携帯電話保有率はそれぞれ30%と40%で、スマートフォンの場合はどちらも30%に満たないという。

 「子供が有害なサイトやアプリなどのコンテンツに触れるのは嫌だけれど、塾などに通うようになった子供の防犯用としてスマートフォンを持たせたい」という気持ちに応える機能を盛り込んだところが特徴だという。auスマートパスはジュニア向けにポータルページをカスタマイズし、アプリも学習に役立つものを中心にセレクトしてmiraieのユーザー向けに用意する。子供が“うざい”等、不適切な単語を入力しようとするとアラートを表示する「あんしん文字入力」など機能が揃う。本機も小学生以下のユーザーに向けた特別料金が用意される。

■機種変更時に分割支払い残額が無料になる新サービスも導入

 また田中社長は「えらべる自由 au」という同社のスローガンをさらに前進させて新しいステージに導きたいとし、新サービスの「アップグレードプログラム」を2月6日から導入することを発表した。

 このサービスはKDDI、沖縄セルラーが指定するau携帯電話を18ヶ月以上利用するユーザーであれば、機種変更の際に分割支払い残額を無料とするものだ。指定機種(iPhone 6/iPhone 6 Plus/INFOBAR A03/AQUOS SERIE mini)を購入時に月額300円(税別)の「アップグレードプログラム」に加入して、機種代金を24ヶ月の分割払いとしたユーザーが対象。19ヶ月目に新しい機種に変更すれば、手元に残った旧機種の分割支払金の残り分が“無料”になる。19ヶ月目に機種変更を行わなくても、分割支払い終了月の25ヶ月目までのどこかで機種変更を行えば、「旧機種代金の支払い残額」と「権利発生から行使するまでの月数分のプログラム料」が戻ってくる。さらに18ヶ月目から25ヶ月目までに機種変更を行わなくても、プログラム料が全額返金となる。プログラム料の返金を受けるにはau WALLETが必要だ。

 「アップグレードプログラム」誕生の経緯について、田中社長は「スマホは楽しいけれど、分割支払いの残金が残っているから新機種に買い換えづらいという声をいただいてきた。アップグレードプログラムを活用いただいて、ずっと長くauを使ってもらいたい。私はこれを“au大好きプログラム”と勝手に呼んでいる。欲しい機種が登場するタイミングと、分割支払いの期間がある程度ずれていても買い換えがしやすいようなサービスにした」と息巻く。

 auの学割サービスについてもアップデートが案内された。田中社長は「“カケホとデジラ”だけでなく、旧来の“LTEプラン”も思い切りパッカーン!と割りたい」と意気込む。“カケホとデジラ”の利用者については、データ定額サービス5GB以上を利用の場合、学生も家族も1人1人が月々1,500円の割引を受けられる。LTEプランについては1人1人の基本使用料が無料になる。受付期間は1月21日から5月31日まで。田中社長は「学生だけでなく家族もしっかり応援したい」としながら、今春にauの端末を選ぶメリットを強調した。

■Android OS搭載&テザリングも可能な“ガラホ”の登場

 スマートフォンの新機種とともに、今日の発表会で話題を振りまいた製品が、田中社長が“ガラホ”として紹介した「AQUOS K」だ。ルックスは折り畳み型のフィーチャーフォンでありながら、プラットフォームにはAndroid OSを採用。VoLTEはサポートしないが、4G LTEに対応する。

 開いた液晶側のパネルがタッチ操作に対応していなかったことに意表を突かれたが、十字キーとセンターキーに加え、テンキー上の静電式センサーでWebブラウザなどスクロールやポインター操作ができるタッチパッドのような「タッチクルーザーEX」により不自由ない快適な操作を実現している点が特徴だ。

 商品の特徴を田中社長はこう説明する。「これはガラケーの形をしたスマホ。単体で活用いただいても良いが、Wi-Fiテザリング機能が入っているので、こちらをアクセスポイントにしてタブレットと併用しながら、着信通知を受け取ったり、画像を送信するなどの連携ができる“PASSNOW”の体験を訴求したい」

 通常のAndroidスマホと勝手が異なる部分は、本機専用にカスタマイズされた「auスマートパス」から提供されるアプリを中心に使うところ。利用料金については「スマホとフィーチャーフォンのどちらのプランを適用するべきか迷った」(田中社長)としながら、本機の購入者は最大4年間にわたって、毎月の利用料金から1,000円(税別)を割り引く「AQUOS K スタート割」で対応すると発表した。55歳以上の購入者は月間データ容量0.7GBのサービスを含む「シニアプラン」も適用対象となる。

狙うは「au大好きユーザー」の拡大……KDDI田中社長の15年春新商品&サービス戦略

《山本 敦@RBB TODAY》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集