インド鉄道初のCNG列車が運行開始

エマージング・マーケット インド・南アジア

インド鉄道のCNG(天然ガス)列車が、13日から北部Rewari - Rohtak間で運行を開始することをエコノミックタイムスが伝えた。

この列車はディーゼルとCNGの両方のシステムを備えている。

CNGの導入によって鉄道が排出する温室効果ガスとディーゼル燃料の消費削減につながると考えられている。

プラブ鉄道相は従来のエネルギーへの依存を減らすため代替エネルギーとして太陽光や風力を利用することを強調してきた。

Rewari - Rohtak間に続いて2014年-2015年会計年度予算にはRewari - Bikaner間のCNG車両導入も盛り込まれている。
編集部

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品