ダイハツ、史料展示館をリニューアル…テーマは「くらしを考える、軽を考える」

自動車 ビジネス 企業動向

ダイハツ・ヒューモビリティワールド
  • ダイハツ・ヒューモビリティワールド
  • ダイハツ・ヒューモビリティワールド
  • ダイハツ・ヒューモビリティワールド
  • ダイハツ・ヒューモビリティワールド
  • ダイハツ・ヒューモビリティワールド
  • ダイハツ・ヒューモビリティワールド
  • ダイハツ・ヒューモビリティワールド
  • ダイハツ・ヒューモビリティワールド
ダイハツ工業は、史料展示館「ヒューモビリティワールド」を1月19日にリニューアルオープンしたと発表した。

ヒューモビリティワールドは、2007年5月に創立100周年の記念事業の一環として、本社社屋に隣接地に開館。今回のリニューアルでは、テーマを従来の「人・家族に優しい」「地球に優しい」クルマづくりから、「くらしを考える、軽を考える」に変更。体験型展示を中心に、楽しみながら学び、体験・発見できる施設とし、小学校の社会科見学をはじめ、一般の見学など、広く公開する。

開館時間は9時から17時、休館日は毎週日曜日と祝日、ゴールデンウィーク、夏期連休、年末年始。入場料金は無料。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集