パイロット不足、Alliance Airの営業に影響…インド

エマージング・マーケット インド・南アジア

デリー国際空港
  • デリー国際空港
1月第一週以降、デリー-ポートブレア間のAlliance Airによるフライトのキャンセルが続いている。

これはボンバルディアCRJのパイロットが不足していることが原因であるとエコノミックタイムスは伝えている。

エアインディアによると、Alliance AirはATRとCRJという2種類の機体を使用しているが、現在はCRJからATRに移行している最中であり、未だにCRJが使用されているポートブレア便ではパイロットが不足している。

また既にCRJのパイロットを退職させたことはマネジメントのミスであるとしている。

2ヶ月前までCRJのパイロットは64名在籍していたが、CRJを全てATRに入れ替えるためパイロットらをエアバス対応にしようとしたところ、エアバスのパイロットは既に飽和状態だったため断念したという。

このためAlliance Airとエアインディア双方はポートブレア便をチェンナイまたはコルカタ経由でエアインディアが運航することを決定している。
編集部

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品