対向車と衝突し8m下に転落、4人が死傷

自動車 社会 社会

9日午前1時30分ごろ、京都府八幡市内の国道1号(京都南道路)で、交差点を右折していた乗用車と、対向車線側を直進してきたトラックが衝突。乗用車は弾みで路外に逸脱し、約8m下の農地に転落する事故が起きた。この事故で乗用車側の4人が死傷している。

京都府警・八幡署によると、現場は八幡市内里日向堂付近で片側2車線の緩やかなカーブ。交差点には信号機が設置されている。乗用車は交差点を右折していたところ、対向車線を直進してきたトラックと衝突。この弾みで路外に逸脱し、歩道部分に設置されていた金属製フェンスを突き破り、約8m下の農地に転落した。

乗用車は横転中破。後部座席に同乗していた20歳の女性が胸部強打で約3時間後に死亡。別の20歳女性が頭部強打の重傷。運転していた京田辺市内に在住する21歳の男性と、22歳の女性が打撲などの軽傷を負った。警察はトラックを運転していた奈良県生駒市内に在住する43歳の男を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)の現行犯で逮捕。1人死亡後は容疑を同致死傷によ切り替え、調べを続けている。

現場の交差点は道路中央部に第二京阪道の高架橋脚があり、対向車線側の見通しが悪かった。警察では事故当時の信号表示状況など、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品