新年早々に流星群が!“しぶんぎ座流星群”が3日夜ピークに

宇宙 エンタメ・イベント

 2015年最初の天体イベントとなる「しぶんぎ座流星群」が3日夜、観測ピークを迎える。

 ウェザーニューズの発表によると、“しぶんぎ座流星群”の出現ピークは2015年1月4日午前11時頃。最も楽しめる時間帯は、4日の0時から早朝になる。3日夜から4日の朝は、冬型の気圧配置となり、太平洋側ほど雲が少なく流星観測向きの天候となる。一方、日本海側の地域では雪や雨が降り、流星観測は難しそうとのこと。

 ウェザーニューズでは、3日22時より24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」にて、全国7カ所から流星の同時中継を行う予定。なお「SOLiVE24」は、BS910、特設サイト“しぶんぎ座流星群2015”、YouTubeやニコニコ生放送でも配信する。

 なおスマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」では、中継映像で流星をとらえてから3分以内にスマホに通知するサービス『流星キャッチャー』の事前登録もスタートしている。
《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集