エバー航空、台北~ヒューストン路線を新設へ…来年6月19日から

航空 企業動向

サンリオファミリージェット
  • サンリオファミリージェット
  • サンリオファミリージェットの機内食
  • エバー航空公式ウェブサイト
台湾のエバー航空は12月15日、台北(桃園)~ヒューストン(ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル)路線を新規開設すると発表した。2015年6月19日から週間3便で運航し、7月1日から週間4便に増便する。

使用機材はボーイング『777-300ER』で、「ハローキティ」などサンリオキャラクターをあしらった塗装になる。座席数は333席(内訳はロイヤル・ローレル・クラスが39席、エリート・プレミアム・エコノミーが56席、エコノミーが238席)。エバー航空は機内Wi-FiサービスとSMSローミングサービスを導入するとしている。

台北~ヒューストン路線の搭乗客は、台湾からアジア主要都市に向かう便へのスムーズな乗り換えが可能。エバー航空は、中国、日本、韓国、シンガポール、ベトナム、タイ、マレーシア、フィリピンの主要都市に就航している。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース