三菱オートリース、業界初のドライブレコーダー実映像を活用したeラーニングサービスを開始

自動車 ビジネス 企業動向
eラーニング「MALweb-training」 使用イメージ
  • eラーニング「MALweb-training」 使用イメージ
三菱オートリースは、ドライブレコーダーで撮影された危険運転映像を活用した安全運転啓発のeラーニング「MALweb-training」サービスを新たに開始した。テレマィクスサービスでの取得データを使ったeラーニングサービスはオートリース業界初となる。

同サービスは、運転時の「危険予測」の力を養うために重要な「考える」プロセスを用意。交通安全の知識を再確認するとともに、新しい知識を習得できるという特徴のほか、実際に発生した事故やヒヤリ・ハット映像を活用しているため、安全運転への意思がより強くなるというメリットがある。

また、パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットでも受講でき、さらに24時間受講可能。複数の受講対象者を同じ時間・場所に集めることが難しい場合や、単発の講習会ではなく、定期的かつ手軽に安全運転対策を実施したい顧客に適している。

利用期間は6か月と12か月コースから選択でき、講習内容は顧客の利用期間や自己傾向に応じて効果的なメニューを選定する。
《成瀬雄太@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • ユピテル、スタンダードタイプのドライブレコーダー発売…フルHD常時録画に対応 画像 ユピテル、スタンダードタイプのドライブレコーダー発売…フルHD常時録画に対応
  • 試乗の一番人気はテスラ…三菱オートリースがカスタマー向けイベント開催 画像 試乗の一番人気はテスラ…三菱オートリースがカスタマー向けイベント開催
  • 運転支援機能付きドライブレコーダー、JAFMATEが発売…リアルタイムで画像解析 画像 運転支援機能付きドライブレコーダー、JAFMATEが発売…リアルタイムで画像解析
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース