マレーシア・リンギが5年ぶりの水準にまで下落…農園、石油・ガス株に影響

通貨リンギが3日、5年ぶりの低水準まで下落した。取引開始は1米ドル=3.4285リンギだったが、午後5時時点で1米ドル=3.4435リンギとなった。

エマージング・マーケット 東南アジア
マレーシアの首都クアラルンプール(イメージ)
  • マレーシアの首都クアラルンプール(イメージ)
通貨リンギが3日、5年ぶりの低水準まで下落した。取引開始は1米ドル=3.4285リンギだったが、午後5時時点で1米ドル=3.4435リンギとなった。

債券利回りの上昇を受けてドル高となったことを受けてリンギが下落した。2日のニューヨーク外国為替市場の円相場は米経済の回復を期待した円売りドル買いが進み、一時7年ぶりの円安水準となった。

アナリストの間ではリンギ安の理由が、石油価格の下落に伴うリンギ売りの影響と指摘する声も聞かれた。リンギ売りを受けてブルサ・マレーシア(マレーシア証券取引所)では農園、石油・ガス(O&G)関連株に影響が出た。

メイバンクFXリサーチは、米ドル高が進んでおりリンギ安が進んだと指摘。クレディ・スイスは貿易ショックによるマイナス影響に加えて国内の投資家による資金流出によりリンギ安が進み、外貨の流入が減少すると予想した。また、1米ドル=3.40リンギ以上の安値となったことと、中央銀行によるけん制が弱いことは驚きだと指摘。中銀はリンギ安により石油収入の減少を相殺することができ、輸出競争力を高めることができると見込んでいると分析した。
千田真理子

編集部おすすめのニュース