成田国際空港、国内線が大幅増で航空機発着回数が過去最高…10月

航空 企業動向
現在の成田空港 第2旅客ターミナル
  • 現在の成田空港 第2旅客ターミナル

成田国際空港は、10月の空港運用状況を発表。航空機発着回数は前年同月比1%増の1万9233回となり、10月として過去最高となった。

国内線は同12%増の4278回と10月として過去最高。旅客便、貨物便とも増加した。国際線は同1%減の1万4955回と4カ月連続マイナスだった。

旅客人数は同2%減の293万2252人。国際線は同6%減の242万9876人と前年割れとなった。日本人が同17%減だった。外国人は同15%増の90万7127人と10月として過去最高。東南アジア諸国の訪日ビザ免除に加え、国慶節休暇で中国からの訪日旅行客が増加したため。国内線は同23%増の50万2376人だった。

国際航空貨物取扱量は同2%増の17万8845トン。給油量は同3%減の38万5996キロリットルだった。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース