アストンマーティン の超高級車、ラゴンダ が復活…中東ドバイで初公開

自動車 ニューモデル 新型車
アストンマーティン ラゴンダ・タラフ
  • アストンマーティン ラゴンダ・タラフ
  • アストンマーティン ラゴンダ・タラフ
  • アストンマーティン ラゴンダ・タラフ
  • アストンマーティン ラゴンダ・タラフ
  • アストンマーティン ラゴンダ・タラフ
  • アストンマーティン ラゴンダ・タラフ
  • アストンマーティン ラゴンダ・タラフ
  • アストンマーティン ラゴンダ・タラフ
英国の高級スポーツカーメーカー、アストンマーティンは11月10日、中東ドバイにおいて、新型車の『ラゴンダ・タラフ』を初公開した。

「ラゴンダ」は1898年、英国に設立された名門高級車メーカー。1909年から生産を開始し、1935年のルマン24時間耐久レースでは、『M45』の軽量バージョンで優勝を果たすなど、モータースポーツでも活躍した。しかし、第2次世界大戦終了後の1947年、アストンマーティンとともにトラクターメーカーを経営するデビッド・ブラウン氏に買収され、ブラウン社の傘下に入った。

その後、1961年にアストンマーティンの4ドアバージョンとして、『DB4』をベースにした『ラゴンダ ラピード』が登場。しかし、わずか4年で生産中止に追い込まれる。そして1974年、今度は『DBS』をベースに開発した『ラゴンダ』として再び復活。いつしかアストンマーティンの4ドアとは、ラゴンダを指すようになった。

新生ラゴンダとして登場したラゴンダ・タラフは、アストンマーティンが2015年に中東向けに限定生産する超高級サルーン。今回、ドバイで行われたワールドプレミアイベントでは、その車名が、ラゴンダ・タラフと発表された。

メディアやVIPに実車を披露したのは、アストンマーティンのアンディ・パーマー新CEO。ラゴンダ・タラフの詳細は明らかにされていないが、アストンマーティンのVHアーキテクチャをベースとし、カーボンファイバー製ボディパネルが使用される、と公表されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集