【トヨタの安全技術】JNCAP予防安全アセスでも高得点見込み…「Toyota Safety Sense」

自動車 ビジネス 企業動向
Toyota Safety Sense
  • Toyota Safety Sense
  • 「Toyota Safety Sense C」搭載の公開モデル
  • 「Toyota Safety Sense P」搭載の公開モデル
  • Toyota Safety Sense
トヨタ自動車は11月27日、2015年から市場投入する予防安全技術パッケージの「Toyota Safety Sense」(トヨタ・セーフティ・センス)が、自動車事故対策機構による「JNCAP予防安全アセスメント」でも高得点に相当するとの社内評価を公表した。

「Toyota Safety Sense」には、コストを抑えた普及版でコンパクトカー向けの「Toyota Safety Sense C」と、ミディアム・上級車向けの「Toyota Safety Sense P」の2タイプがあり、衝突回避支援・被害軽減の自動ブレーキや車線逸脱警報装置などをパッケージ化している。自動ブレーキはパッケージの「C」が10~80km/hの速度で作動し、30km/hの減速を行う。一方の「P」は10km/hから搭載車両の最高速度までと作動範囲が広く、減速も40km/hが可能(対人では30km/h)などとなっている。

トヨタはこれらの性能を、国土交通省と自動車事故対策機構が今年10月に発表した衝突被害軽減ブレーキなどの「JNCAP予防安全アセスメント」(40点満点)に照らして社内評価した。その結果、「C」は30点台半ば、「P」は満点に相当する性能を確認したという。

10月発表のアセスメント実績ではレクサスの『LS』が40点満点、『カムリ』が26.2点、レクサス『IS』が25.5点などとなっており、「Toyota Safety Sense」が現行車と比べても高い性能レベルにあることが示された。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

  • 【トヨタの安全技術】パッケージの価格は普及版が約5万円、上級車版が10万円未満に 画像 【トヨタの安全技術】パッケージの価格は普及版が約5万円、上級車版が10万円未満に
  • 【トヨタの安全技術】衝突回避支援・被害軽減の予防安全パッケージ、2015年導入へ 画像 【トヨタの安全技術】衝突回避支援・被害軽減の予防安全パッケージ、2015年導入へ
  • 【トヨタの安全技術】カローラ 級までは普及版の「C」…予防安全パッケージ 画像 【トヨタの安全技術】カローラ 級までは普及版の「C」…予防安全パッケージ
  • 【トヨタの安全技術】予防安全パッケージ、レクサスにも採用…2015年導入へ 画像 【トヨタの安全技術】予防安全パッケージ、レクサスにも採用…2015年導入へ

特集