【サイクルモード14】靴ひもタイプのサイクリングシューズが復権…超軽量モデルも

モーターサイクル エンタメ・イベント
ジロのエンパイアSLX(5万000円/税抜)は、片側わずか175g(サイズ42.5)の超軽量を実
  • ジロのエンパイアSLX(5万000円/税抜)は、片側わずか175g(サイズ42.5)の超軽量を実
  • ソールはイーストン製のカーボンを使用
  • セカンドグレードのエンパイアACC(3万7000円/税抜)
  • 靴ひもは、ベロ部分のストラップに固定するので安心
  • レザーがオシャレなリパブリックLX
  • ソールには、SPD用の穴が開いている
  • 街乗り用のリパブリック
  • MTB用のランブルVR、ユーロバイク・アワードを受賞
「サイクルモードインターナショナル14」ジロのブースでは、靴ひも(シューレース)タイプのサイクリングシューズが多彩にラインナップされていた。

サイクリングシューズと言えば、ベルクロやラッチェット付きのバックル、ワイヤクロージャーなどで足とシューズを固定するのが一般的。靴ひもはギアやチェーンに絡まる可能性があるため、敬遠される傾向にあった。

しかし、ジロは積極的に靴ひもタイプのシューズをリリース。軽量でフィッティングしやすく、ラチェットなどに比べてレース中に壊れる心配が少ないなどの利点があるという。また性能面だけでなく、ファッションの面からもカジュアルなウェアに合わせやすい。気になる靴ひもも、ベロ部分のストラップに固定することで、サイクリング中に邪魔になることはない。

最新ハイエンドモデルのエンパイアSLX(5万円/税抜)は、片側わずか175g(サイズ42.5)の超軽量を実現。イーストン製のカーボンソールを採用しているため、パワー伝達性能も高く、BMCレーシングの選手たちも実戦で使用している。

レザーのアッパーが特徴のリパブリックLX(2万8000円/税抜)は、オシャレなルックスが特徴で、街乗りの気分を上げてくれる。

マウンテンバイク用のランブルVR(1万3000円/税抜)は、ユーロバイク・アワードを受賞した逸品。グリップ力の高いビブラムソールを採用しているため、自転車を降りたときの歩き心地にも優れている。

ブースには、ジロのサイクリングウェアも展示。トッププロからのフィードバックを受けつつも、街乗りなどカジュアルなシーンにも似合うデザインで、シューズとともにジロのコンセプトを実現している。

【サイクルモード14】靴ひもタイプを多彩にラインナップ、ジロのサイクリングシューズ

《光石達哉@CycleStyle》
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース