【サイクルモード14】完成車重量4.765kg、ウィリエール・ゼロセッテの超軽量バージョン

モーターサイクル エンタメ・イベント
ウィリエール・ゼロセッテ、完成車4.765kgの特別超軽量バージョン
  • ウィリエール・ゼロセッテ、完成車4.765kgの特別超軽量バージョン
  • ウィリエール・ゼロセッテ、完成車4.765kgの特別超軽量バージョン
ウィリエールが新フラッグシップモデル「ゼロセッテ」を超軽量パーツで組んで4.765kgに仕上げた「サイクルモードインターナショナル2014」特別バージョンを披露した。

イタリア語で「0.7」を意味するゼロセッテは、フレーム重量780g(±5%)の超軽量モデル。カーボン積層の間に特別なフィルムをはさみこみ、さらにシートポスト径も流行の31.8mmではなく従来の27.2mmを採用することで、軽量化と快適性を備えている。

展示されていた超軽量バージョンは、ペダル込みで5kg以下に抑えることを目的で組み上げられたもの。UCI規定の6.8kgを大きく下回るためプロロードレースでは使用できないが、一般のヒルクライムイベントなどでは威力を発揮するだろう。あくまでも非売品なので、パーツアッセンブルの参考にしてほしいとのことだ。
《光石達哉@CycleStyle》
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース